ホームページとブログってどう違うの?

こんにちは。インターネットの素朴な疑問に答えるコーナーです(今日から始めます、笑)。

ホームページとブログって何が違う?

という質問です。

改めて考えてみました。

 

結論は、

dummy

キッチリした区分はなく、その人ごとに解釈も微妙に違うようです

 

ホームページとブログは同じものだ、という解釈

ホームページもブログも、同じようにインターネット上で何かを発信するためのツールです。

 

文字や画像、動画などを

見やすいように成型してインターネット上で発信し、ブラウザで読む(見る)、という点で同じです。

HTML(Hyper Text Markup Language ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)というマークアップ言語で作られているという点でも同じです。

 

 

では、違いは?

ホームページとブログ、厳密な定義はありません。

わたしがわかってもらいやすい分類と思っているのはこんな感じ。

 

ホームページ:カテゴリに分類された、サイトマップがキッチリあるようなサイトと、そのページのこと

ブログ:「ウェブログ(WebLog。ウェブの記録)」の略。日記的な記録のような、ホームページ

 

業務紹介やなにかプロジェクトの紹介をしているのは「ホームページ」や「ウェブサイト」と呼ぶことが多くて、

ブログは「ウェブログ=記録」、何かを記録しておく感じのものとすることが多いです。

 

ウィキペディアによれば

ホームページの用法には現在でも揺れが見られるが、おおよそ以下のように分類できる。

  1. ウェブブラウザの用語で、起動時に表示されるように設定されたウェブページ。
  2. ウェブブラウザの用語で、ホームボタンを押した際に表示されるように設定されたウェブページ。
  3. インターネットの用語で、ウェブサイトの表紙にあたるメインページのこと。
  4. ウェブページの意。ウェブページのアドレスをホームページアドレスということもある。
  5. ウェブサイトの意。企業・団体が運営する公式ウェブサイトを公式ホームページということもある。ホームページ・ビルダーなど、ソフトウェア名としても利用される。
  6. ウェブサイトの中でも個人が運営するサイトのみを指す場合。ブログを含まず「ホームページやブログ」という使い方もする。

引用元:Wikipedia ホームページ

 

一般的に、
私が会話の中で「ホームページ」といったら、「4.」「5.」、ウェブページとか、公式ウェブサイトのことを指すことが多いです。

 

dummy

日記的なもの以外はホームページやウェブサイトと呼ぶことが多いです

 

 

まとめ

ブログもホームページも、インターネットの中で情報を発信するツールです。

ブログは「LOG(記録)」なので日記的な感じでとらえられることが多いです。

 

ブログを書いてアクセスアップ

 

と言われることがあるかもしれませんが、その話についてはまた改めて書こうと思います。

 

コトリンク

小さな会社や個人事業主の皆様のインターネットの活用、お手伝いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です