サーチコンソールにサイトを追加する方法~DNSの確認って?

こんにちは。浦安市で小さな会社のWeb運用をサポートしているCotolinkです。

今日は、Web運用には必須!のサーチコンソール(Search Console 通称サチコ)の登録方法についてまとめておきます。

 

サーチコンソールにサイトを登録するには?

新しくサイトを作成したら、アクセスの分析をするためにGoogleのSearch Consoleに登録しておくことがおすすめです。

dummy

何時にどんなキーワードでアクセスが来ているか、概要を知ることができます

2020年現在、サーチコンソールにサイトを登録するには2つの方法がありますが、Google的にはDNSの確認が必要な「ドメイン」の方法を推奨しています。

なので、そちらの方法で説明します。

 

サーチコンソールで①左上をクリックして②「プロパティの追加」を選びます。

まずはサーチコンソールの管理画面へログイン。

左上をクリックして、プロパティを追加します。

 

③ ドメインを追加します。

追加したいドメインを入力します。
このとき、http や https は入力しません。

(https://cotolink.com/ ではなくて、
cotolink.com だけ入力します)

 

 

④所有権の確認画面でコピーします

DNSレコードでのドメイン所有権の確認、という画面がでてきます。

この画面では「ご利用のドメイン名プロバイダにログインします」とでてきますが、これはとりあえず無視。
2.のTXTレコードをコピーします。

ちなみにこの文章「ご利用のドメイン名プロバイダにログインします」ですが、
ご利用のドメインを設定してあるレンタルサーバにログインします」という意味です。

 

⑤レンタルサーバでドメインへ設定をします

ドメインを設定してあるレンタルサーバにログインし、設定画面に行きます。
以下はエックスサーバの画面ですが、他のレンタルサーバでも同じような感じだと思います。

 

エックスサーバのサーバパネルにログインして、[ドメイン]の[DNSレコード設定]を選びます。

 

⑥該当するドメインを選びます。

 

⑦~⑩ サーチコンソールでコピーしたレコードを貼り付けます

⑦DNSレコード追加 を選んで、
⑧プルダウンで [TXT]を選び、
⑨(④でコピーした)TXTレコードを張り付けて、
⑩確認ボタンを押します。

「〇〇ドメインにてDNSレコードの追加が完了しました」と表示されればレンタルサーバのドメイン側での設定はおしまいです。

 

⑪Search Console の画面へ戻って、[確認]ボタンを押します。

 

⑫「所有権を証明しました」と表示が出ます。これで設定は完了です。

 

すぐにデータの収集画面が表示されるわけではなく、実際には半日~1日後からアクセス解析ができるようになります。

 

この作業はドメインの所有者が自分であることを証明するもの

DNSレコードがうんたらかんたら、ってちょっとややこしく感じてしまうかもしれませんが、要は、「このドメインは私のものです」と証明するための手続きです。

ちょっと前には、FTPで指定したファイルをアップロードして行っていましたがそれに代わるものです。

一度やってしまえばそのあとは何も必要ありません。

 

Googleのこういう設定は、説明してある日本語がわかりにくくて敬遠しがちなのですが、そうもいっていられませんよね。。
参考までにこの画面は2020年6月現在のものです。

画面もコロコロ変わるので、もしかすると記事を読んでいただいているときは変更になっているかもしれません。ご了承くださいませ。

コトリンク

小さな会社や個人事業主の皆様のインターネットの活用、お手伝いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です