TwitterとFacebook,どう違うの?

今更な質問ですが、

TwitterとFaceBook、どう違うのでしょう?

ということについて考えてみます。

改めて考えると、説明するの、結構難しいですよね。

TwitterとFacebookの違いは?

一番違うのは、

Twitterは匿名で利用できるけど、

Facebookは原則実名、

という点だと思います。

これについては2013年に書かれた記事ですが、こちらのページが大変わかりやすくオススメです。
(読み物としてもとってもおもしろい!!)

https://ch.togetter.com/2013/06/18/2012

自分が誰かがハッキリしなければいいたいことをブツブツ言うことも可能だし、普段はためらうようなことも言えてしまったりしますよね。無責任なつぶやきがあつまりがちなのがTwitterです。

一方Facebookは実名利用が原則。

だから発言は「その人」とすぐに紐づけられるので、誰に聞かれても問題ない投稿が多いのがFacebookです。

Twitterは雑多なざわめきの中にいる感じ

Twitterはスクランブル交差点の真ん中にたって、行きかう人々のおしゃべりを耳にしているような感覚があります。

色んな人のざわめきを聴いているような感じです。

だから、どんな人をフォローしているかによって、どの街の交差点に立っているか違います。

アイドルのフォローばかりをしているとアイドル好きが集まる交差点にいるような感じだし、

経済評論家や投資家ばかりをフォローしていると兜町の交差点にいるような感じ、

カリスマ主婦や子育て中のママをフォローしていると公園の砂場に座っているような感じ、

最新の情報は集まってくるかもしれませんが、偏ってしまうこともありがちです。

Facebookは実名ならでは

一方Facebookは実名なので、やはり自分のブランディング・・・つまり自分はこういう人ですよろしくお願いします、という情報が流れてくるように感じています。

交友関係も明らかになるので、無責任な投稿はできません。

ビジネスで使うなら

実名だからFacebookのほうがいいだろう、と考えるのは早計です。

無責任なつぶやきの中にヒントがあることも多いからです。

ビジネスで使おうとするならば、自分のお客様がどちらにいるだろうか?と考えていくといいと思います。どちらも使うのが理想なのでしょうが、無理してやる必要はないし、場合によっては情報収集をメインに使うというのもありと思います。

ちなみにFacebookは利用者の年齢が高い傾向があるようです。

Instagramは?

インスタは実名ではないですが、写真でアピールしていくことに特徴があります。

一概に比較はできませんが、写真のインパクトでつかんでいくもので、投稿にURLを貼ったりすることができません(プロフィール覧には1つだけ載せられます)。

SNSをうまく使うってどういうこと?

わたしもSNSをうまく使っているとはとても思えないタイプなのですが、自分のほしい一次情報をさがすとき、Twitterやインスタグラムはとっても役に立ちます。まず概要をつかむことができるからです。

詳しいことをもっと知りたい、もしくはその情報の真偽や出所を知りたいときは更に検索をして確かめます。

SNSは旬な情報を得ることができますが、それが正しいかどうかは自分で必ず確かめます。

何を信じるかは自分次第なのです。

どう活用したらいいか、なにを投稿したらいいかわからない、と思っている人はまず流れてくる情報の雰囲気を知り、どういう人たちが使っているのかを体感してみるべきと思います。はじめは見ているだけでも構わないので興味のある人や知り合いをフォローし、流れてくる情報を見ていきましょう。

そうこうしているうちに、「Twitterの中の人」「Facebookの中の人」がどういう人か、感覚がつかめてくるはずです。

時々、

Twitterを活用したい!
Facebookで旋風を巻き起こしたい!

と相談されることがあるのですが、
使ったこともないメディアで何かやりとげようとするのは無理だと思います。

よっぽどの天才であるか強運を持っているのではない限り、
地道な作業は絶対に必要なのですぐにインフルエンサーになるのは難しいものです。

まずは使ってみて、
そのあとに・・・

自分のお客様となるべき人がTwitterのどのあたり・Facebookのどのあたりにいるかを考えていくといいと思います。

コトリンク

小さな会社や個人事業主の皆様のインターネットの活用、お手伝いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です